なぜ山田社長は成功し、池田社長は苦しい経営が続いているのか?

それば〇〇〇〇〇〇〇をしているかどうかの違いだけだった

今から10年前

冬も終わりに近いポカポカ陽気のある日のこと、2人の若者が起業しました。この2人は同じ大学を卒業し、ともに30代前半といういわゆる似たもの同士でした。

当然、他の経営者の多くと同様、あの日も将来への大きな夢に胸を膨らませていたのです。そんな2人が最近大学の同窓会で出会いました。

彼らには共通点がいくつもありました。ともに幸せな結婚をし、2人の子供がいます。おまけに大学卒業後はともに大阪市内のIT企業で働いていたことがわかったのです。

しかし、2人には違いもありました。1人は毎月の売上げにとても苦労し、もう1人は東京など全国に7支店を持ち右肩上がりの売上げを実現している社長だったのです。

2人の違いを生んだ決定的なこと

この2人のように「経営を分けるものは何だろう」とあなたは思ったことはありませんか?

それは生まれつきの知能や才能、あるいは熱意ではありません。1人は成功を望みもう1人は成功を望まなかったというわけでもありません。

2人の差は、それぞれが持つお客様との絆の違いだったのです。

だからこそ、あなたやあなたと同じような方々に『ニュースレター』をご紹介したいのです。というのも、ニュースレターの目的は「お客様との強い絆を作り、ずっとあなたの会社やお店から購入し続けてもらうこと」に他ならないからです。

ニュースレターで作られる『絆』は強力です

ニュースレターをお客様に送るとどんないいことがあるかと言うと、

  • お客様から信頼が得られる
  • 優先的にお客様から声をかけられる
  • 他のお客様を紹介してもらえる
  • お客様に自分のことを知ってもらえる
  • お客様に浮気されにくくなる

あなたのお客様からこんな反応をされるとうれしくないですか?

あなたの会社やお店のニュースレターを送り続けることで、お客様との信頼関係がどんどん強くなり、あなたはお客様の特別な存在になれるわけです。

また、アメリカと日本で多くのマーケティング関連の書籍を出版している二人のマーケッターもこんなことを言っています。

ダン・ケネディ(アメリカで最も有名なマーケティング専門家)

「私は勧める唯一最大のものは、月間の顧客向けニュースレターを利用することだ。これよりも効果的にあなたのフェンスを維持(顧客を囲い込むこと)できるものは、何一つ、本当に何一つ存在しない。これは毎月届くので、単なるプロモーションではなく、出版物のように見なされる。その内容が的確であれば、顧客これが届くのを心待ちにするようになるだろう。こうしてあなたは決まった頻度で相手に接触できる。それに月間で出版するというよい習慣を自分に課すようにもなる。あなた自身のニュースレターをゼロから用意すれば、あなたはそれを1つのきっかけとして。面白く興味深い人間としてだけでなく、専門家や信頼できる助言者として立場を継続的に強化していくことができる。」(「ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門」より)

神田昌典(日本No.1マーケッター)

「ニュースレターを発行すると、どんないいことが起きるかといえば、まずはお客様からあなたに対する愛着が生まれるようになる。実は面白いことに、どんなに酷い人物が、どんなに酷いニュースレターを作っても、それに好意的に反応する人は出てくる。だから商売的にはニュースレターはうまく書くことが目的なのではなく、出すだけでいい。」(「不変のマーケティング:フォレスト出版」より)

あなたがニュースレターをやらない理由がまだありますか?

初回号を無料で作成します

ニュースレターの効果を確かめるためにぜひスタッフと一緒にニュースレターを作ってみてください。あなたの会社の売上げが安定するために、既存のお客様に何度も何度も購入していただくためのひったりの方法です。

3ヶ月から6ヶ月続ければお客様との絆を実感することができるでしょう。もし時間がない、書くネタがない等社内で作ることが難しいのなら私たちがお手伝いをさせていただきます。

1回の料金は約3万円から始めることが出来ます。ただ、いきなりは考えてしまうと思いますので、初回号はプレゼントとして特別に無料で作成します。

ただし毎月2社限定となります

あなたの会社やお店のニュースレターの初回号無料作成プレゼントのお申込みは簡単です。下記から今すぐお申込みくだされば、直ちにあなたのお役に立ち始めることができます。

このニュースレターはそのままお客様に送ることができます。もし気に入らなければ次回からの申し込みをキャンセルすることができます。(あなたのリスクはまったくありません)

ニュースレター初回号無料プレゼントに申し込む